返回首页
当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

金子信雄の楽しい夕食4-8

时间: 2019-03-30    进入日语论坛
核心提示:豚肉とこんにゃくの酒蒸し〈材料〉(1)豚肉(肩ロース又は三枚肉を、かたまりで)四〇〇グラム(2)長ねぎ(四センチくらいに
(单词翻译:双击或拖选)
 豚肉とこんにゃくの酒蒸し
  
〈材料〉
(1)豚肉(肩ロース又は三枚肉を、かたまりで)四〇〇グラム(2)長ねぎ(四センチくらいに切っておく)四〜五本(3)こんにゃく(湯通しして、三ミリ幅に切る)一枚(4)干ししいたけ(水にもどしておく)四、五枚(5)出し昆布(一〇センチ)一枚(6)土生姜(親指大)スライス二かけ(7)塩大さじ一杯半、黒胡椒小さじ一杯、日本酒五〇cc、にんにく(好きな人は入れる)
  
〈作り方〉
(1)豚肉は凧糸で軽くしばって深皿におき、塩、胡椒をして、竹串かフォークで肉全体をつついて、酒を五〇ccほどふっておく。
(2)深皿の底にこんにゃくを並べ、青い長ねぎと生姜の半量をおいて、肉をのせて、肉と凧糸の間に残りの長ねぎ、しいたけ、生姜をはさみこんでゆく。肉の上に出し昆布をかぶせる。
(3)蒸し器の底に布巾をしき、深皿をおいて、布巾をはさんでフタをし、四〇分ほど強火にかけて一気に蒸し上げる。
(4)蒸し上げて豚肉に串を刺してみて、ピンク色の濁り汁が上がってこなければ出来上がり。肉汁が赤かったらもう少し蒸してやる。熱いうちでもよいが、冷ましてから薄切りにして、こんにゃくとともに皿に盛る(蒸し器が大きい場合はこんにゃくを増やす)。生姜は捨てるが、長ねぎ、しいたけ、昆布(千切り)はつけ合わせにする。辛子醤油か酢醤油で食べる。
(5)深皿に残った肉汁は、熱いうちに布巾で|漉《こ》して、水を足し、固形ブイヨン、又は味噌に化学調味料などで好みの味をつけて、わけぎ、玉ねぎのみじん切りを入れてスープにする。
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论

王者荣耀比赛竞猜网站王者荣耀比赛竞猜